日本ペア碁協会ホーム

日本ペア碁協会トップページへ

第4回関西学生ペア碁大会
日時:2017年9月18日(月祝) 会場:関西棋院(大阪市)

2017年9月18日(月・祝)に大阪市中央区「関西棋院囲碁サロン」にて、「第4回関西学生ペア碁大会」(主催:関西学生囲碁連盟公益財団法人日本ペア碁協会 後援:一般財団法人関西棋院 協賛:株式会社ぐるなび株式会社パンダネット)が開催されました。

本イベントは、関西学生囲碁連盟と日本ペア碁協会が主催し、関西棋院の全面協力のもと、行われており、関西地区の大学生・院生はもちろんのこと大学囲碁部若手OBOGや高校生、プロ棋士も参加できるペア碁大会です。

今回は17ペア34名が参加し、また特別ゲストとして、関西棋院の阿部良希二段、八幡直樹初段、マイヤー・フランシス初段に参加いただきました。

午前10時に関西学生囲碁連盟顧問の藤原克也六段が開会挨拶し、対局がスタートしました。

さて、本大会の1つの特徴は、ペア碁の学生世界大会の代表権が与えられるということ。大学生・大学院生でペアポイント5p以上のペアの内、今大会で最も成績の良かったペアには、世界の学生16ペア32人が参加する「第4回世界学生ペア碁選手権大会」への出場権が与えられます。

4回戦の熱戦を終え、今回その代表の切符を手にしたのは、全勝優勝した倉科夏奈子さん・今野遼平さんのペア。3年連続で立命館大学囲碁研究部のペアが関西代表として世界大会に挑むことになりました。その「第4回世界学生ペア碁選手権大会」は、12月3日(日)に東京・飯田橋「ホテルメトロポリタンエドモント」にて行われます。

入賞者の表彰が終わると、お楽しみ抽選会。惜しくも敗れて入賞できなかったペアにも抽選で、もれなく賞品が当たるということで、抽選会も大いに盛り上がりました。

関西学生囲碁界の恒例行事となった本大会は、来年の第5回大会を迎え、今年と同じ敬老の日の祝日に行われる予定です。

大会結果

 優勝:倉科 夏奈子(立命館大学)・今野 遼平(立命館大学)ペア
 準優勝:中村 桃華(大阪市立大学OG)・平松 慶己(立命館大学)ペア
 3位:行松 美樹(大阪大学)・木原 俊輔(大阪大学)ペア


会場全景


対局風景

対局風景

対局風景
関西棋院の阿部二段は岩井温子さんとペアを組み参加 大会に参加した八幡初段と山本香菜さんのペア

大会に参加したマイヤー初段と岡田睦未さんのペア

対局風景

優勝した倉科夏奈子・今野遼平ペアに賞状が渡される

入賞できなかったペアにも
お楽しみ抽選の賞品が贈呈された

入賞者による記念撮影

優勝した倉科(夏)・今野ペア