第7回 関西ジュニア・ペア碁大会 レポート発表

平成24年8月26日(日)、関西で毎年恒例となったペア碁のビッグイベント「第7回関西ジュニア・ペア碁大会」が今年も開催されました。京セラドーム大阪 スカイホール(大阪市西区)に、ペア碁ファンが集まった大会は2人1組によるペア戦で、今年も「ごっついで」「イケてるで」「ぼちぼちやで」…などのユニークなネーミングのクラス別、また、「フォーマル」クラスでは、ご夫婦ペア・親子ペア・おじいちゃん・おばあちゃんとお孫さんペアなど、棋力、年齢、性別もさまざまなペアが参加、「ベストドレッサー賞」も併催いたしました。さらに当日は総勢12名あまりのプロ棋士も参加されました。
●日時 / 平成24年8月26日(日)
●会場 / 京セラドーム大阪 スカイホール(大阪市西区千代崎三丁目中2番1号)
●主催 / (公財)日本ペア碁協会  ●主管 / (財)関西棋院
●協賛 / (株)パンダネット、オリックス野球クラブ株式会社
●後援 / 京セラドーム大阪、日本経済新聞社
●特別協力 / JR東日本
●協力 / (社)日本コントラクトブリッジ連盟
京セラドーム大阪内に設けられた会場 ご挨拶・関西棋院 中川和雄理事長
今回参加していただいた関西棋院の棋士の皆様
日本ペア碁協会贈呈の盾とパンダネット提供賞品
ルールが説明されたあと、いよいよ対局開始!
熱戦が繰り広げられます
併催の「ベストドレッサー賞」にむけて
ドレスアップした参加者も
ねぇねぇ、どっちが勝ったの?
関西棋院の所属プロ棋士も子どもたちの対局をサポート。
体験コーナー
みんな興味津々 「う〜ん、次はどこに打とうかな・・・」
併設イベントブリッジ体験コーナー
プロ棋士とペアを組んでペア碁。めったにないチャンスにみんなワクワク!
最初はちょっぴり緊張気味でしたが、対局が進むにつれて真剣に!
一方メイン会場では、Aクラスである「ごっついで」クラスの決勝戦!
インターネットを使って世界に向けてライブ中継! ライブ解説担当は小野幸治三段
対局終了後の、恒例のお楽しみ抽選会
やった〜、当たった! いろいろな景品が当たりました
ベストドレッサー賞の表彰 Aクラス優勝ペアの表彰
[ → 『第7回 関西ジュニア・ペア碁大会』のページをご覧になるにはここをクリック ]
★当日インターネットでライブ中継をした
「ごっついで」クラス(Aクラス)決勝戦の棋譜を見ることができます。
ライブ解説棋士は小野幸治三段です。


[ ↑このページの先頭へ ]

[ 公益財団法人日本ペア碁協会ホームページへ ]